FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.24

手づくりグラノーラ

Category: フード
はやりものに弱いわたくしw、最近グラノーラづくりにはまっております。

きっかけは、先日購入した「ぶどう蜜」。

pekmez.jpg

珍しくて面白い!
トルコの「ペクメズ」というもので、葡萄の汁を煮詰めたものだそうです。
なので厳密には「蜜」ではないわけですね。
甘さの裏にほんのりと渋みや苦みが感じられ複雑な味わい、深みとコクがある大人っぽい味。
メープルシロップともハチミツとも全然違う、個性的な味です。

ヨーグルトに入れる、トーストに塗る、お菓子づくりに使うetcいろいろ使いみちがありそう。
ノンシュガーのブランフレークに入れたら、適度な甘みでとても美味しかった!
市販のシリアルはちょっと甘さが強いので、自分で甘さが調整できるのはいいですね。

ちょうどその頃、オーダーメイドのグラノーラショップやこだわりのグラノーラ専門店がメディアで紹介されたり、ポータルサイトでの特集や個人ブログで自家製グラノーラの記事を目にする機会も多くグラノーラづくりが気になってきていて、レシピを見るととっても簡単そうなので、作ってみようと思い立ちました。

いろんなレシピがありますが、基本はオートミール+ナッツ+ドライフルーツをベジタブルオイル+甘味であえてオーブンで焼くだけ。
ナッツやドライフルーツ、オイルや甘味の種類は自分好みにいくらでもアレンジできます。

granola.jpg

ペクメズの色で茶色っぽい。

【レシピ(作りやすい分量:天板1枚分)】
オートミール 100g
ナッツ+ドライフルーツ 100g --- オートミールと同量
(ナッツとドライフルーツの割合は1:1が基本ですが好みで比率を変えても。わたしはドライフルーツ多めが好きなので4:6ぐらいにしてます。)
オイル 大さじ2
液体の甘味料 大さじ1〜2
塩ひとつまみ

ボウルにオイルと甘味を入れて混ぜ、オートミール+ナッツと塩を加えて混ぜる。
オーブンシートをしいた天板に乗せ、130度のオーブンで10分→かき混ぜる→10分→かき混ぜてドライフルーツを入れる→5分
焼き上がったらそのまま冷ます。

※焼き時間と温度はうちのオーブン(デロンギのコンベクションオーブン)の場合です。150度で30分というレシピでやったところ若干焦げ気味になってしまいました。オーブンはそれぞれクセがあるのでいろいろ試してみてください。フライパンで煎るレシピもあります。

ナッツはアーモンドとくるみを、ドライフツーツはレーズン、フィグ、アップル、クランベリーを入れました。
甘味料も含め、いろいろバリエーションが楽しめますね!



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
06.19

酵素この一年

Category: フード
梅が今を盛りと店頭に並んでいるのを見ると、酵素を作り初めて一年経ったことを実感します。
この一年飽きずに、途中心が折れた時がありながらも、作り続けてきました。

引っ越しの時も、逆算して酵素仕込みのタイミングを見計らって、果実をひきあげたのち酵素液の瓶を自らハンドデリバリーしたものです。

そんな、酵素と共に過ごしたこの一年を振り返ってみました。

---

最初の梅から始まって

ソルダム
ブルーベリー
いちじく
プルーン
シークワーサー
すだち
グリーンレモン
りんご(ただのアルコールになって大失敗)
いちご
レモン

と作り続けたわけですが、結局レモンはこのあと何回もリピート、味も一番好きかも。
手に入れやすく作りやすく、単体でもおいしいし他のものとブレンドしてもよく合う。できあがって甘すぎちゃった酵素もレモンと合わせると飲みやすくなります。
今では常備するようになっています。

フルーツ1〜2kgのレシピをよく見ますが、わたしはたくさん切るのがめんどくさいのと、砂糖を一度に一袋以上使うのがちょっと気持ち的にげんなりするのと、これだとかなりの量の酵素液ができあがって同じ味が続いて飽きちゃったりするので、500g前後で作ることがほとんど。
これぐらいがちょうどいいような気がします。

今飲んでいるのはレモンとブルーベリー、仕込み中なのはプラム(大石早生)。
そう、一巡したわけですね。
秋になったらりんごに再チャレンジして、今度は成功させたい!



Comment:0  Trackback:0
2013
01.31

酵素づくり再開

Category: フード
先日ちょっと調べたいことがあって港北のIKEAに行ったときのこと。
用事は2階だったのでそこで用を済ませた後、とくに買うものはなかったものの流れで1階の雑貨売り場に降りていきました。

するとそこでわたしの目をひいたのは、大中小と揃ったさまざまなガラス瓶だったのです!
ぱっと見て酵素仕込むのにぴったり、とすぐさま思ったわたくし。
!!!
これはりんご酵素の失敗で負った心の傷が癒えて、酵素づくりに気持ちが向いてきたということでしょうか。

というわけで、久しぶりに酵素づくりに取りかかる気になり、今だったらいちごかな、といちごで酵素を仕込み始めました。
ちょっと臆病になっているので量は少なく1パックのみ、250gぐらいにしといてます。

順調に砂糖も溶けてルビー色がとっても美しい。
これが良いリハビリになるといいですが。

って、まだいちごを漉してもいなのに、その次に作るべく既にレモンも用意してしまいましたw
秋に作ったグリーンレモンの時期を過ぎ、今が旬のイエローレモン。
こちらも楽しみです。







Comment:0  Trackback:0
2012
10.02

手づくり酵素第5弾 プルーン

Category: フード
実はとっくに飲み終えてしまったんですが、記事にするのが遅れてしまいました…
ねっとりいちじくの次の手づくり酵素は、プルーンです。

プルーンは、最初に作った青梅のようにさらっとしていて液がねとねとしていません。
これだと洗い物も楽でありがたい(笑)

さらりとした風味で酸味もあり、甘さが全面に出ることなく飲みやすい。
おいしいです。
そしてこれまでねとねと→さらさらが交互に続いているので、飽きなくていいです。

液をとった後のプルーンはしっとりしわしわ、まるで売ってるドライフルーツのよう。
これもさっそく瓶に入れて甘いものが欲しくなったとき用にします。

---

あ、そうそう、いちじくのカス(っていうのもなんですがこれ以外に言いようがないので)を混ぜ込んだパンケーキ、作ってみました。

が、予想に反して生地と一体化しすぎていちじくの味がかき消されてしまいました!甘いのは甘いんですが。
いちじく特有のあのプチプチも、酵素液のほうにけっこう行ってしまっていたこともあり、パンケーキではほとんど感じられず。
生地に混ぜ込まないでプレーンパンケーキのトッピングとして食したほうが良かったかも。

想像と実際はまったく違う、まだまだ修行が足りませんな。






Comment:0  Trackback:0
2012
09.09

手づくり酵素第4弾 いちじく

Category: フード
ブルーベリーと一緒にいちじくも購入し、時間差でブルーベリーの仕込みの数日後に仕込みました。
皮を手でむくとぐしゃっと崩れるので、そのまま崩れるにまかせ細かくちぎりつつ瓶へ投入。

いちじく好きなので酵素だとどうなるのか期待に胸をふくらませつつかきまぜること5日間。
できあがったものはソルダム以上のねっとり具合、これぞペクチン!というかんじ。
ざるで漉そうにもなかなか液が落ちてこないのです。
自然に落ちるにまかせようと一日半ほど放置したのですが、えーこれしかないの?というぐらい液が少ない。

そのかわり、カスにまとわりついているペクチンが半端なく、これは良いジャムになるだろうとさっそくフープロにかけると予想通り素晴らしいジャムが大量にできあがりました。
液よりこっちのほうが多いかも?!

いちじく酵素は強烈に甘いですが、適度に薄めるととてもおいしい。
そしてソルダム同様甘いものは炭酸に合うみたいです。

とれた液が少なかったためあっという間に終わってしましましたが、ジャムの方で楽しみたいと思います。
とりあえずパンケーキ作りたい。
voivoiのこのレシピがいけそうです。

おうちで作ってみよう『いちじくのパンケーキ』
http://www.pancakemama.com/recipe/013/
Comment:0  Trackback:0
2012
08.29

手づくり酵素第3弾 ブルーベリー

Category: フード
ねっとりソルダム酵素の次は、さらりとしたブルーベリー。

前から作りたかったんですが、国産ブルーベリーをリーズナブルに手に入れるのはなかなか難しく、実行に移せずにおりました。
そんな折、先日ハーブ研究会で訪れた練馬の地場の八百屋さんの店頭で、2パック298円という信じられない価格で売られているのを見つけたのです!
もちろん即購入です!

いつも目を酷使してるのでアントシアニンの効果に期待大なわけですが、「目を酷使」といえば、サイトのリニューアルがまーったく進んでません…
この僥倖は、ブルーベリーの助けを得てしっかりやれ!という天からのメッセージなのでしょうか。うう。

帰宅後さっそく仕込んでみます。
ブルーベリーは皮をむいたり包丁で細かく刻んだりしなくていいから楽ですねー。
フォークでぶすぶすさして、砂糖に漬け込んだあとかき混ぜるときに指でつぶすという適当ぶり。

というわけで、まったく手間をかけずに、量も少なかった(250g)こともあってすぐ出来上がりました。
酵素はもちろんですが、やはりカス(っていうのもなんだけどこれ以外に言いようがない)がおいしい〜。
ソルダムのときのようにつまんでは食べてます。

これで目の健康を維持できて、サイトのリニューアルもはかどる…かな…





Comment:0  Trackback:0
2012
08.26

ソルダム酵素ジュースでデトックス?!

Category: フード
手づくり酵素第2弾のソルダム酵素、ソルダムがけっこう熟していたものだったせいか、青梅のときとは違ってあっという間に砂糖が溶けて発酵も進む進む、5日ぐらいで引き上げました。

できあがったソルダム酵素はさらっとした梅酵素とはまったく違いどろりと濃厚、ペクチンたっぷり。
ルビー色のシロップといったかんじです。
そして、甘い、甘すぎる!

お水で割っても甘さばかりが勝ってなんかぼやんとした味。これはこれでアリかとは思うもののもっとおいしくできるはず、と試行錯誤のすえ炭酸水で割ってみたら、これが非常にGOOD!
はじける炭酸で濃厚な甘さが中和されるのか、とても相性が良かったです。

あと、酵素液を漉した後のソルダムがおいしい!ジャム、というかコンポートみたい。
甘いのは甘いんですが、液と違ってこちらには酸味をほんのり感じます。
あまりにもおいしいんで、これだけちょこちょこつまんで食べてます。

そして、おいしいだけではなくなんとソルダム酵素には驚くべき効果が…以下尾籠な話で恐縮です。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
08.05

手づくり酵素第2弾:ソルダム

Category: フード
梅酵素を仕込んで出来上がったら我ながらとっても美味しい出来!
欲するままにゴクゴク飲んでいたら20日経たないうちになくなってしまいました。

これに気を良くしてまた季節のフルーツで作ってみようと思い、あれこれ考えた末すもも系にしようと決定。
店頭に今を盛りと並んでいるソルダムを買い求めました。
白砂糖も買い、準備はこれだけ。

好みの味になるかどうかわからなかったのでお試しのつもりで今回ソルダムは一パックのみ、計ったら535gだったので1.1倍の588gの砂糖を用意します。

soldam.jpg

ソルダムを刻みます。
前回の青梅と違ってけっこう熟していたので粗く乱切り。

砂糖とソルダムを交互にガラス瓶に入れて今日はここまで。
実が熟しているので発酵が早く進みそうです。

早く飲みたい!



Comment:0  Trackback:0
2012
07.08

酵素入荷しました

Category: フード
今年初めて梅酵素を作りましたが、酵素といえば以前からご紹介しているこちらの商品。

SYコーソ

酵素ばやりのこの頃のせいか、お問合せ・オーダーが大変多くなってきています。

こちらの酵素の特徴は、湿式酵素であること。
液体でもなく顆粒でもない、半湿状の酵素なんです。
高度に加工処理されるとその過程でせっかくの酵素の活性が弱まってしまうのですが、安定性を保ちつつ酵素の活性を最大限に活かすために半湿状に調整されているのです。

SY酵素

こんなかんじ。
落雁やスノーボールを崩したような、しっとり+ほろほろっとした粉状です。
そしてほんのり甘い。野菜・果実の自然な甘み。
原材料の野菜・果実は無農薬有機農法で作られています。

味がおいしいので、義務感を感じることなくすすんで口にすることができます。
これ、けっこう重要なんですね。
食事でもなんでもそうですが、いくら身体にいいからといってもおいしくなければ続かないし、そのうちいったいなんのために食べてるんだろう、と虚しさすら感じてしまいます。

今週入荷しましたので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

---

【SYコーソ】
原材料:野生果実エキス、各種果実植物エキス、米、麦、ハト麦、コーンスターチ、砂糖、ブドウ糖、酵母菌等有用微生物、総合活性酵素
内容量:300g
価格:7,875円(税込)


Comment:0  Trackback:0
2012
07.04

梅酵素完成(梅ジャムも)

Category: フード
砂糖が溶けてから三日間かきまぜ続けたのち、漉して梅を引き上げました。
液はそのまま一日寝かせて落ち着かせます。

浸けておいた瓶を洗う前に水ですすいで飲んでみたら美味!けっこう濃い味です。
できあがって飲むのが楽しみ〜。

取り出した梅から種を除けてジャムを作りました。
種をはずした梅をフードプロセッサーにかけ、ひたひたの水で煮た後、梅の重量50%程度の砂糖を加えてかき混ぜながら煮る。これで完成です。
梅をそれほど粉砕しなかったのでけっこう形が残り、マーマレードのような食感になりました。
甘酸っぱくておいしい。粗熱がとれた後、瓶に入れて冷蔵庫へ。

---

翌日トーストにジャムを乗せいただきました。美味!
ケーキに焼き込みたいと書きましたが、いろいろ手を加えるよりこのままが一番おいしいかも。
パンの消費量が増えそうなのは恐ろしいですが…

そして寝かせて一日経ったんで、いよいよ梅酵素ジュースを飲んでみます。
最初目分量でカルピスぐらいの濃度で割ったら、むむっ、濃い!
大きいグラスに移し替え、倍以上に割ってみました。

こんなに薄めて大丈夫か?と思いましたが、飲んでみるとじゅうぶん濃くてしっかりした味がします。
青リンゴをすったような、さわやかな味。おいしい。
あーこれは夏のドリンクにぴったりだわー。
酵素の能書はいろいろあれど、なによりおいしいのが一番ですからね。
基本夏は苦手なんで、これで乗り切れたら嬉しいです。

今後も季節のフルーツでいろいろ作ってみたくなりました。






Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。