--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.24

本物の知を学びたい

Category: 学び
昨日は、前から楽しみにしていたセミナーを受講してきました。

大槻真一郎先生と鏡リュウジ氏のジョイントセミナー
「緑のオーラと健康の医術(=錬金術)」(大槻真一郎)
「星とハーブ-そのつながりをめぐって」(鏡リュウジ)

哲学・宗教・神話に精通されているお二方のセミナーです。
私、大槻先生のお書きになる文章のファンで、いつもしみじみときれいな日本語だなーと思って読んでいるのです。
ずっと講演を聞きたいと思っていたのですが、あいにくこれまで機会に恵まれず。
なので今回はもう飛びついていち早く申し込み、ずっと楽しみにしていました。

ところで、アロマセラピ-や自然療法の根底には「ホリスティック」「Body Mind Sprit」の概念があります。
アロマを学ぶと最初に出てきますが、この概念を理解するには西洋の哲学や宗教のベーシックな知識がないと難しい。

「ホリスティック」=「全体的」
「Body Mind Spirit」=「身体と心と精神(魂)」
とアロマのテキストには直訳で出てきて文字通りの説明がなされますが、はたして本当にその意味が理解できているのかかねてから自分でも気になっていて。

西洋の世界観を理解しないと本当には理解できないし、そのためには古代哲学、ギリシア・ローマ神話、キリスト教etcの基礎知識が必要なのではないでしょうか。
以前「人文系の知識を学びたい」と書いたのはそういうわけなのです。

例えば。
鏡リュウジ氏の講演の中でボッティチェリの絵「春(La Primavera)」の解釈のお話が出ました。
西風の神がニンフに息を吹きかけ(=地中海に西風が吹く)、それによりニンフが花の女神フローラに変わり、花が咲き乱れ春が訪れる。
この、神が吹きかける息=地中海の西風のことをSpiritusといい、英語のSpiritの語源である。

このお話を聞いて、はたと考えました。
英語の「Spirit」とは神が人間に吹き込んだ息のこと?人間は身体=Bodyと心=Mindだけではなく神から吹き込まれた息=Spiritが要素としてあるということ?
なんか、人の形をした器に神の息が吹き込まれ人間となるというイメージです。うーん、なんかRPGのやり過ぎみたいな発想になってきました。
いずれにしても、「Spirit」には神から与えられたものという概念が含まれると思ったのです。

日本の感覚だと魂や精神って「神から与えられたもの」とは考えにくい。
自らが宿しているもののようなイメージです。
となると、はたして「Spirit」を単純に「精神」「魂」と訳すだけでいいのでしょうか…?

これは一例ですしわたしの妄想も多分に入ってますが、このように西洋の宗教観・世界観が日本のそれと違っているために、ただ訳語に置き換えてもその意味するところは本当に理解することはできないと思うのです。

大槻先生のお話の「緑のオーラ」も、「オーラ」の元々の語源を解説いただくことで、その意味するところが理解できます。

このように、本物の知識をお持ちの方から本物を学びたい。
そうすればおのずとインチキはインチキと見極められるはずです。

まだまだこれからですが、自分の興味と好奇心のおもむくままに探求していこうと思っています。
スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2010
01.16

資生堂がBare Essentialsを買収

Category: コスメ
いやー驚きました。

資生堂がBare Essentialsを買収、だそうです。

5年来のMMUユーザーとしては、ミネラルファンデのブレイクぶりにただただ驚くばかりです。
今やロレアルやメイベリンといった巨大資本メーカーも出しているミネラルファンデ、ついに資生堂も参入なのでしょうか。

現時点での記事やプレスリリースを見る限り、MMUに参入というより米国のテレショップ網に食い込んで米国での販売チャネルを広げることが主な目的のように感じられますが、今日本でQVCなんかで売られてるベアミネラルは資生堂が手がけることになるんでしょうか。
美容部員によるカウンセリング販売とは真逆の通販…資生堂も懐が深いというかなんというか、ほんと、すごいですね。
デクレオール、カリタ、NARS…に引き続きベアミネラル。
ミネラルファンデの地位(?)もここまで上がったのかと思うと感慨深いです。

とは言え、実は私はベアミネラルは使ったことがなく、ちまちまと個人輸入で頑張ってます。
5年使い続けてますが個人輸入関連のトラブルは一度もないし、これからもこのスタイルでいくつもりです。



Comment:0  Trackback:0
2010
01.12

タオルの洗濯

Category: maroonのこと
嬉しいことに、サロンのタオルについて肌触りが良いとお誉めのお言葉をいただくことが多いです。

どこのタオルを使っているんですか?
どうやって洗っているんですか?
等々のご質問もよくいただきます。

maroonのタオルはオーガニックコットン、または絶対に日本製、それも伝統的産地である今治か泉州のものを選んでいます。
そして洗濯は粉石けんで普通に洗うだけ。
柔軟剤は使いません。
以上、特別なことは何もしていないんです。

完全石けん生活にして10年になるので私はあまり構えず普通にやっていますが、石けん洗濯のみって言うと驚かれることが多いんですね。
サロンの場合汚れっていうのはほとんどオイルの油分、酸性の汚れである油分を洗うにはアルカリ性の石けんが一番適しているわけで、理論的にも正しいはず。

コツは、洗濯前にお湯で石けんを完全に溶かしてよーく泡立て、そしてお湯で洗濯することです。
水だと石けんが溶け難いし油分も固まってしまうのでNG。
石けん+お湯がサロンの洗濯には最適だと思っています。
あと、すすぎは多めに。
全自動洗濯機で設定できる最多の回数に設定しています。

石けん洗濯のおかげで、maroonのタオルは油汚れ残りでダメになるということはありません。
使えなくなるのは摩耗でタオルの寿命が来たときだけです。

さて、一口に「粉石けん」と言っても原料の種類はいろいろあり、洗浄力の特徴、地域の水の硬度、エコの観点、動物愛護、コストetc……と選ぶにあたってのポイントはたくさんあり、考え出すとキリがないのですが。
私は、現在は日本国内で原料をまかなえるという点で米ぬか油から作られた石けんを選んでいます。

上で書くのに石けん生活をスタートしてから今までの年数を数えましたが、そっかー完全石けん生活にして10年になるんだー、と改めてしみじみしてしまいました。
家でももちろん全部石けんですし、掃除・洗濯・洗い物はもちろん髪や身体を洗うのも全部石けんです。
とろとろ石けんを作ってみたり、コールドプロセスソープを収集したり自分でも作ってみたり…いろいろやってめんどくさいことは続かず、結局は自分がやりやすいやり方で落ち着いています。

石けん生活については、また折を見て書きたいと思います。
Comment:0  Trackback:0
2010
01.09

今年もよろしくお願いいたします

Category: 日々
本年発エントリーです。

もう松もとれたというのにお恥ずかしい…今年は土日のつながりの関係か普通の連休とあまりかわらない年末年始となりましたが、皆様ゆっくり休まれましたか?

私はと言えば、年明け早々風邪でダウンか?と怪しい体調になりながらも、いつものマヌカハニーとはちみつ飴でなんとか踏みとどまり、発熱も寝込みもせず事無きを得て風邪ひかない記録を更新中です。

今年は、以前から自分の中であたためていたいくつかのことを実践していこうと思っています。

学びたいことはいろいろあるのですが、ここ数年西洋の古典というか人文系の教養を深めたいと思いが高まっています。
これらの学問はアロマセラピー、もとい自然療法の源なわけですが(体質学の考え方もヒポクラテスにまで遡りますしね)、すぐにその知識を使ってどうこうというよりは、純粋に知りたい、自分の中に蓄えておきたい、という気持ちです。

一方、直接ご提供できるテクニックも新しいものをいろいろ考えており、追々お知らせしていくつもりです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。