FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.23

土鍋でご飯を炊く

Category: 日々
とにかく今は「できることをやる」ということで、自分にできること=節電と思って生活を振り返ってみました。

が、わたくし意外と電気を使っていないみたいで、使っているとすればパソコンぐらい。
節電といってもパソコンに向かう時間を減らす、ぐらいしか思いつきません。
けっこう原始的な生活をしているんだなーと改めて思いました。

エアコンつけない、床暖房もこたつもなし
これは前回書きました。

加湿器なし
エアコンつけないのでそんなに乾燥も気になりません。

電気は蛍光灯
目が悪いので。

テレビは14インチぐらいの小さいの、しかもアナログ
普段あんまりテレビを見ないので無頓着。

電気ポットなし
その都度使うぶんだけやかんでわかします。

暖房便座なし
賃貸でもともとついてなかったので。なくてもそんなに気になりません。

炊飯器なし、ご飯は土鍋で炊く
絶対こっちの方が美味しいし、早く炊けます!

というわけで、今日は土鍋(じゃなくても厚手の鍋ならOK)でのご飯の炊き方のご紹介です。

-----
◆ お米とぎ、吸水、水加減は普通に。

◆ 強火にかけて沸騰させる。
1合: 5分 2合: 6分 3合: 8分ぐらいが目安。
ゴォーッという音+煮えたぎってる音がしていたら大丈夫です。
ここでしっかり音が聞こえていないと生煮え状態で失敗してしまいます。

◆ 弱火にして炊く。
1合: 10分 2合: 12分 3合: 14分が目安。
弱火にしている間、ゴォーッ+ふつふつと煮えている音がしているのを随時チェック。
もし時間がそんなに経ってないのに音が消えていたら一瞬火を強めて沸騰音をたたせてから弱火に戻します。
後半は水気が減ってふつふつといよりぷくぷく、みたいな感じの音になります。

◆ 火を止め15分以上蒸らす。
蒸らし終わるまで蓋は開けません。
ちなみに、止める直前に30秒ぐらい強火にするとおこげができます。
パチパチとはねるような音がすればOK。
-----

最初から火を止めるまでずーっと中火で◯分、みたいなやり方もあって試したこともありますが、最初に強火で一気に沸騰させた後弱火で温度を維持して炊く上記のやり方の方がうまくできました。

普段は炊飯専用の万古焼の土鍋で炊いていますが、ピラフや味ごはんのときは普通のお鍋で炊いてます。
特にこの普通のお鍋の時は音を聞きながら火加減を調整するのが重要なポイントになるので、上でもしつこく書きましたが、普段から時間だけに頼るのではなく音を聞き分けられるようになると失敗はまずありません。

とにかくジャーで炊くのとは比べ物にならないほどおいしくできるので、節電関係なくてもぜひおすすめしたいです!





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
03.16

暖房OFFの過ごし方

Category: 日々
もともとエアコンが苦手なので極力暖房をつけずに粘っていたら、ある年まったくつけずにひと冬過ごせてしまいました。暖房をつけなくても以外と過ごせるもんだとわかって、それ以来まったくつけていません。もう7~8年になるでしょうか。もちろんこの冬もそうです。

こんなわたくしから、節電・停電で暖房OFFの場合の過ごし方のコツみたいなものを僭越ながらアドバイス。
といっても、たいしたことではありません。
とにかく重ね着!それも身体に近いところから薄め~中厚手ぐらいのものを重ねていくのです。

ちなみにわたしは上半身はコットンのぴったりしたカットソー or Tシャツ+スウェット+フリースで過ごしております。これで寒い場合はスウェットをニットに変えたり、スウェットとフリースの間にニットを入れたり、重ねていくもので調節します。一枚厚いものを着るより、中厚手のものを重ねていくほうがあたたかいです。
ボトムは、レギンスorタイツ+スウェットorフリースのパンツ、そして靴下を3~4枚ぐらい重ねばき。靴下も上半身同様薄手~厚めへと重ねていきます。

ポイントは首・手首・腰・足首をあたためること。
◆ インナーにタートルを着るかスタンドカラーのフリースにする。
◆ インナーは着丈長めのものにして、できたらレギンスの中に入れる。無理でも絶対パンツの中に。とにかく背中が出ないようにする。
◆ 重ねばきする靴下は足首より上の丈のものを。とにかく足首をあたためる!

これでも寒かったら、お布団にくるまって寝る!

うちの場合、家の向き(南東向きなので朝の陽射しであたたまる)とか気密性(気密性が高いマンションで朝あたたまったら一日もつ)に助けられている部分もあるのでケースバイケースで様々だとは思いますが、重ね着&靴下重ねばきでけっこう過ごせますよ。
ぜひお試しあれ!
Comment:0  Trackback:0
2011
03.14

東北地方太平洋沖地震

Category: 日々
まずは、東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様、またご家族の方々へ心よりお見舞い申し上げます。
皆様が一日も早く落ち着きを取り戻すことができますよう、祈るばかりです。

-----

幸いサロンは変わりなく、無事でした。
皆様もお変わりなくお過ごしになっていらっしゃることを願っております。

わたくしごとでは、両親が震度6強の地域に住んでいるので気が気ではありませんでした。
幸い地震発生2時間後ぐらいに奇跡的に一瞬連絡がとれ、物的被害は諸々あったものの無事を確認することができほっとしました。翌々日にはライフラインもすべて復旧したそうなので安心したのも束の間、現在原発の状況が非常に心配です…。

多くの友人が両親の無事を気遣ってくれ、暖かい言葉をかけてくれたのがとても嬉しかったです。
本当にどうもありがとうございました。

ところで、わたしはウィルコム1台とau×2台の計3台携帯を持っているのですが、このような状況下ではauはまったく使い物にならない一方ウィルコムは直後でも問題なくつながって家族とすぐに連絡がつき、その後もチャット状態で逐次連絡をとり続けることができたのです。
複数の通信手段をもつことはこういうときに大事だなーとつくづく感じました。解約しようかと思っていたウィルコムですが、今後も引き続きキープしていくつもりです。

原発や余震などまだまだ心配なことはありますが、流言飛語に惑わされることなく自分にできること(節電や、無駄な買いだめをしない等)を粛々とおこない、落ち着いて生活していきたいと思います。







Comment:0  Trackback:0
2011
03.10

サイトをちょっぴり手直ししました

Category: 日々
突然思い立ってサイトの手直しを始めたら、思いのほか時間がかかってしまい…もう頭がスカスカです。

今回の主な変更はxhtmlに書き換えたことなんですが、ついでにあれもこれも、となるのはいつもの事。
自己満足ではあるものの、メニューリストのページを作ったり、各ページにご予約とメニューリストへのリンクボタンを設置したり、ページ最下部にナビゲーションリンクをつけたりしました。
ちょっとでも見やすく、わかりやすくなっていたら嬉しいです。
http://www.maroon-aroma.com/

出来た、と思っても思った通りにならなくてどこが違うのかコーディングを一から見直したりで、頭と目と肩と腕を酷使した一日でした。当然座りっ放しなので身体に悪いことこのうえなし!

達成感はありますが、なんといっても頭が疲れたー。
お風呂に入って頭空っぽにしながら仙骨まわりのマッサージをいたします!


Comment:0  Trackback:0
2011
03.05

CETエリアへ

Category: 日々
馬喰町の問屋街へ行ってきました。

神田~日本橋にかけてのこのあたりは島津山ハウスをプロデュースした東京R不動産周辺の方々によってCET(Central East Tokyo)エリアとしてプロデュースされ、アート・デザイン系のクリエイター達が集まるようになり、そこここにギャラリー、セレクトショップ、輸入雑貨店、カフェなどが出来、それ系のイベントもおこなわれたりしています。(CET TRIP

古い建物を、その古さをあえて味としてリノベーション&コンバージョンし、クリエイターごのみのテイストに仕上げて新しいニーズを掘り起こす手法は島津山ハウスと同じ。
各オーナーが自分のこだわりで作り上げたお店をいろいろのぞいていくうちに、初めて島津山ハウスに行った時絶対ここでサロンをやりたい!と心に決めたことをまるで昨日のことのように思い出しました…。

そんなお店のひとつ、馬喰町ART+EATにてランチ。

tsuntsun.jpg

レバノン料理のランチプレートは、ピラフ+タブレ(レバノン風パセリのサラダ)+おかずをバーベキューチキン、ラム、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)の3種類から選べます。
無類のチキンずきのわたしは脊髄反射で「チキン!」と口走りましたが、同行の友人のファラフェルのオーダーにハッと正気を取り戻し、せっかくだから!とファラフェルにオーダーチェンジ。
タブレとともにスパイス効いてて、ファラフェルにして正解でした!

そして問屋さんで大興奮の数時間を過ごし(詳細自粛)、その後は各種おつかいものを調達→古民家カフェでお茶、という大変充実した一日でございました。

日頃あまり行かないエリアですが、実は家からは30分ぐらいで交通の便も良い。いろいろな刺激を受けて楽しいし、これからちょくちょく行くのもいいなと思っております。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。