--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
05.31

香り かぐわしき名宝展

会期終了間近、ギリギリのところで芸大で開催されていた香り展へ行ってきました。

行く前は「香り」をいったいどのように展示するのだろう?と思っていたんですが、香木の展示のほか香炉や香道のお道具や教本・資料、香りを題材にした絵画、などなど様々な切り口での「香り」が展開されており、アートの側での香りの捉え方に興味津々の一日でした。

白檀がひとつだけ触れてOKということで外に出ていましたが、残念なことにほとんどの香木はケースに入っており、直にかぐことはできず。
コーナーの要所要所に香料会社による香りの再現ブースが設置され、いちおう体験できるようにはなっていますが、やっぱり本物のいろいろな香木をかいでみたかった…。

メインでは、日本における香りの歴史が聖徳太子をはじめに順を追って展示されているのですが、明治時代に入ると花香水、花香油の広告が出てきたのが興味深かったです。
それまでは香を焚くばかりだったのが、この頃になると海外からエキスを抽出するという概念が入ってきたのでしょう。
花香水=フローラルウォーター、花香油=精油 or インフューズドオイル?
ちなみに、花香水は「ローズ」と「ラーベンデール」(←ラベンダー)、広告文には健康に良い、強壮作用がある、みたいなことが書かれていました(うろ覚えですみません!)。
このあたりの歴史もちょっと調べてみるとおもしろいかもしれません。


kaoriten

今回は、着物で行くのもメインの目的。
梅雨に入る前で幸い雨にも降られず、木綿の単でちょうど良い涼しい気候で着物日和でした。
しかし、相変わらず袖のところがぐちゃぐちゃ……。もっと意識をして写真に撮られなければ。

実は芸大へ行くのは初めてだったんですが、芸大音楽学部出身の父から旧奏楽堂と音楽学部校舎をぜひ見ておくようにと言われ、香り展の後に足をのばしてみました。
と言っても、音楽学部校舎は道路をはさんだ反対側で足をのばすというほどでもなく、平日なんで勝手に校舎の中に入るわけにもいかないし、案内がないとなにがなんだかよくわからないままあっと言う間にぐるっとひとまわり。ええー、これでおしまい?!
わたしの母校は郊外の、手つかずの自然に満ちあふれ、へたすると遭難するかもしれない程とんでもなく広いキャンパスなので、街の中のこぢんまりとしたキャンパスというのはとても新鮮に感じられました。
そして、歴史の重みを感じることができ、当時ハイカラであったであろうという独特の雰囲気は貴重なものですね。

上野公園から芸大へ、着物でそぞろ歩くのにはうってつけの一日でした。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
05.29

豆乳パンケーキはちみつ

Category: お店
最近カフェやらベーカリーやらパティスリーやらがいろいろできて、なにやら自由が丘化している感もある武蔵小山。
武蔵小山といえば「王様とストロベリー」、だったんですがね……目蒲線が目黒線になって蒲田から日吉へと行き先が変わったことで、東急沿線文化の風がどどっと吹き込んできたんでしょうか。

さて、そんな今どきのお店のひとつ、豆乳パンケーキのお店「はちみつ」へ。
パルムとは反対側の、小山台高校の側にあるお店です。
近くにはガレット屋やブックカフェもあり、最近の自由が丘化はどうやらこのあたりらしい。

14:00までのランチタイムには、パンケーキ+野菜スープ+ドリンクで980円というランチセットがあります。
BLT、アボカドシュリンプ、かぼちゃサラダといったお食事パンケーキにもひかれましたが、初めてだしここはひとつ、自分では絶対作らないコッテコテの甘いトッピングどっさりのを!と選んだのがこちら。

pancake.jpg

チョコバナナです。

見た目はちとすごいですが、これが意外とくどくなくて甘さ控えめです。
クリームの量も日本人にはこのぐらいがちょうど良いですね!

こちらのパンケーキは豆乳+オイルということだそうで、普段自分が作るヨーグルト+牛乳+溶かしバターよりだいぶあっさり、だからこそこのトッピングでもバランスがいいのかな。

今度はお食事パンケーキ食べてみたい。また絶対行きます!

Comment:0  Trackback:0
2011
05.28

Pain aux fousのランチボックス

Category: フード
サロンのご近所なのに、いつもいつも時間があわなくて食べられないどころか見たこともなかったPain aux fouのランチボックスをやっと買うことができました。

lunchbox.jpg

ミニサンドイッチ(ツナとピクルス & ベーコンとスクランブルエッグとレタス)にデザートとドリンクがついてます。

2Fのカフェでいただくもよし、お店の前の広場でいただくもよし。
わたしはサロンに持ち帰ってのんびりといただきました。

ごちそうさまでした!

Comment:0  Trackback:0
2011
05.26

chez tomoでフィトテラピー

Category: お店
白金から銀座へ移ったchez tomoへ友人のバースデーのお祝いディナーに。

人気店ゆえお料理レポはweb上にたくさんあるのでごく簡単に、新鮮なお野菜がふんだんに使われ、かつ奇をてらわない正当派でおいしかった、デザートも絶品でした。

わたくし的に、なんといっても特筆すべきは、ハーブコーディアルがドリンクメニューのラインナップにあったこと、そしてハーブティーはプロフェッセンス(旧プロフィダイエ)だったのです!

お酒が飲めない者にとって、お酒以外のドリンクメニューが充実しているのはとてもありがたく嬉しいことです。
そしてプロフェッセンスのハーブティーはECOCERT認定のオーガニック、フィトテラピー(植物療法)の基ブレンドされたもの。
「有機野菜」「安心できる食材」をうたうレストランは最近多いですが、ここまで徹底したセレクションはコンセプトが本物だという証で、とても信頼できますね。

そうそう、こちらのバースデーのサービスはあんまりないタイプでなかなか素敵(あえて内緒)だったので、おススメです。




Comment:0  Trackback:0
2011
05.10

ローズザクロ シードオイルカプセル

Category: コスメ
今発売中のミセス、巻頭特集が「求めるのは心地よさと安心」ということで、オーガニックコットンやナチュラルコスメ、フードについて充実した記事が掲載されています。
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/01375062011/

ナチュラルコスメは吉川千明さんナビゲートでおススメがいくつか紹介されているのですが、ローズザクロシリーズも信頼できるオーガニックコスメラインとして登場、「ローズザクロシリーズでどれか一つと言ったらこれ!」とマストアイテムとしてシードオイルカプセルが採り上げられています。

グレープシード、ザクロシード、ローズヒップ、ヒッポファエ…必須脂肪酸に富んだリッチなオイルがぎゅぎゅっと詰まったカプセル。ローズザクロシリーズの真髄とも言えるでしょう。

肌の再生能力を強化するのでエイジングケアに最適、そして日焼けでいたんだり疲れた肌にはレスキューアイテムとして威力を発揮します。

110508_1602~01

NATRUE★★★(ORGANIC COSMETICS/自然成分の95%以上がオーガニック栽培または野生種)
4月の値下げで11,970円となってかなりお求めやすくなりました!
冬の乾燥に限らず、お肌のコンディションの不調に備えて常備しておくと安心です。






Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。