FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.23

土鍋でご飯を炊く

Category: 日々
とにかく今は「できることをやる」ということで、自分にできること=節電と思って生活を振り返ってみました。

が、わたくし意外と電気を使っていないみたいで、使っているとすればパソコンぐらい。
節電といってもパソコンに向かう時間を減らす、ぐらいしか思いつきません。
けっこう原始的な生活をしているんだなーと改めて思いました。

エアコンつけない、床暖房もこたつもなし
これは前回書きました。

加湿器なし
エアコンつけないのでそんなに乾燥も気になりません。

電気は蛍光灯
目が悪いので。

テレビは14インチぐらいの小さいの、しかもアナログ
普段あんまりテレビを見ないので無頓着。

電気ポットなし
その都度使うぶんだけやかんでわかします。

暖房便座なし
賃貸でもともとついてなかったので。なくてもそんなに気になりません。

炊飯器なし、ご飯は土鍋で炊く
絶対こっちの方が美味しいし、早く炊けます!

というわけで、今日は土鍋(じゃなくても厚手の鍋ならOK)でのご飯の炊き方のご紹介です。

-----
◆ お米とぎ、吸水、水加減は普通に。

◆ 強火にかけて沸騰させる。
1合: 5分 2合: 6分 3合: 8分ぐらいが目安。
ゴォーッという音+煮えたぎってる音がしていたら大丈夫です。
ここでしっかり音が聞こえていないと生煮え状態で失敗してしまいます。

◆ 弱火にして炊く。
1合: 10分 2合: 12分 3合: 14分が目安。
弱火にしている間、ゴォーッ+ふつふつと煮えている音がしているのを随時チェック。
もし時間がそんなに経ってないのに音が消えていたら一瞬火を強めて沸騰音をたたせてから弱火に戻します。
後半は水気が減ってふつふつといよりぷくぷく、みたいな感じの音になります。

◆ 火を止め15分以上蒸らす。
蒸らし終わるまで蓋は開けません。
ちなみに、止める直前に30秒ぐらい強火にするとおこげができます。
パチパチとはねるような音がすればOK。
-----

最初から火を止めるまでずーっと中火で◯分、みたいなやり方もあって試したこともありますが、最初に強火で一気に沸騰させた後弱火で温度を維持して炊く上記のやり方の方がうまくできました。

普段は炊飯専用の万古焼の土鍋で炊いていますが、ピラフや味ごはんのときは普通のお鍋で炊いてます。
特にこの普通のお鍋の時は音を聞きながら火加減を調整するのが重要なポイントになるので、上でもしつこく書きましたが、普段から時間だけに頼るのではなく音を聞き分けられるようになると失敗はまずありません。

とにかくジャーで炊くのとは比べ物にならないほどおいしくできるので、節電関係なくてもぜひおすすめしたいです!




関連記事

トラックバックURL
http://maroonminako.blog81.fc2.com/tb.php/110-96a3b3cf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。