FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.18

オーガニック化粧品・オーガニックコスメって? - 3 -

Category: コスメ
オーガニック化粧品・オーガニックコスメって? - 2 -より続きます。

農産物=原材料のオーガニック認定基準、自然化粧品認定基準の時代を経て、オーガニックブームの高まりとともにオーガニック化粧品認定基準を作ろうという動きが生まれました。

今回はオーガニック化粧品認定基準についてです。

---

NATRUE

このブログでも何度か記事にしていますが、ドイツの有力自然化粧品メーカー数社により、自然化粧品の枠を超えたグローバルなオーガニック化粧品の認定基準を作ろうと発足したのがNATRUEです。

NATRUE☆:Natural Cosmetics(自然化粧品)、成分はすべて自然素材。

NATRUE☆☆:Natural Cosmetics with Organic Portion(オーガニック素材を含んだ自然化粧品)、自然化粧品基準を満たし、かつ自然素材の70%以上がオーガニックあるいは野生種

NATRUE☆☆☆:Organic Cosmetics(オーガニック化粧品)、自然化粧品基準を満たし、かつ自然素材の95%以上がオーガニックあるいは野生種

というように細かいグレード分けでオーガニック化粧品を定義づけています。
また、化粧水のような水もの、クリーム、乳液などプロダクトごとに配合成分の基準が設けられています。

---

ECOCERT COSMETICS

もともとは農産物のオーガニック認定基準だったECOCERTにも、化粧品としての認定基準ができました。

ECOCERT NATRURAL COSMETICS:自然化粧品。全成分の95%以上が自然素材であり、植物由来成分のうち50%以上かつ全重量の最低5%がオーガニック栽培であること。

ECOCERT ORGANIC COSMETICS:オーガニック化粧品。全成分の95%以上が自然素材であり、植物由来成分のうち95%以上かつ全重量の最低10%がオーガニック栽培であること。

こちらも自然化粧品とオーガニック化粧品と段階を分けて認定基準が設けられています。
農産物認定も化粧品認定もマークはすべてECOCERTですが、化粧品認定の場合はECOCERTマークの下に"NATURAL COSMETICS"、"ORGANIC COSMETICS"と書かれているので、農産物認定のECOCERTと区別することができます。

---

このように、一つの認定マークの基NATURAL COSMETICSとORGANIC COSMETICSと段階を分けるのが近年のトレンドのようです。

そして、これまでドイツのBDIH、イギリスのUK SOIL ASSOCIATION、フランスのCOSMEBIO、というように各国の認定団体それぞれが決めていた認定基準を統一させるような動きが出てきています。
これがCOSMOSです。
(つづく)




関連記事

トラックバックURL
http://maroonminako.blog81.fc2.com/tb.php/124-befde629
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。