FC2ブログ
2009
04.22

久々体育会系がっつりフレンチ、フレンチレストラン オギノ

Category: お店
2月に行った岩原のピットーレ以来手打ちパスタ&シンプル炭火焼きのカジュアルイタリアンにばかり足が向いており、ここ最近は技巧を凝らしたフレンチはちょっと気分じゃなかったのですが、久々に行ってきました、がっつりフレンチ。

池尻のフレンチレストラン オギノです。
こちらはレストランキノシタの流れをくむ体育会系フレンチ。
ジビエが有名のようですが、季節をはずれてしまいちょっと残念かな、と思いながらメニュー選び。

まず目に飛び込んできたのは「パン・デピス風味」というフレーズです。
パン・デピスというのはフランスの伝統菓子で、スパイス数種に柑橘系の皮とハチミツ+小麦粉で作るずっしりみっしりと重いパンのこと。
以前作ろうと思ったことがあったのですが、スパイスを揃えるのにもたもたしているうちに製作熱が醒めてしまって結局作らずじまいだったことを思い出したのです。
是非この「パン・デピス風味」のお料理を食べてみたい!

その他のお料理もどれも魅力的で迷いに迷って、アラカルトで前菜2皿メイン2皿、前菜を魚介メインをお肉にしました。
もちろんお店の看板というパテ・ド・カンパーニュ(意外にあっさり、シンプルで素材を活かした味)もオーダー、そしてパンに添えられるのはリエットだったので、結果肉祭りの一夜となりました。

前菜は
黒アワビと季節野菜サラダ アイヨリソース … アワビ美味
手長海老のラヴィオリ バジル風味 アメリケーヌソース … アメリケーヌソースおいしかったけど、ラヴィオリの中身がバジルが強くて手長海老をあまり感じられなかったのが残念

メインは
リー・ド・ヴォーの軽い煮込み 春野菜添え … リー・ド・ヴォーずきなので嬉しい
小鳩のロースト パン・デピス風味 … パン・デピスをほぐして表面にまぶしてあるのだそう。パン粉焼のパン粉がパン・デピスになったイメージ。味にアクセントがついて良い

デザートも種類が多くどれも食べてみたいものばかり、しかも盛りがいい!
こんなところもがっつりだなんて。嬉しくなってしまいます。

今回はずしたメニューにも食べてみたかったものがありますが、お店のサイトを見てもおいしそうなお料理の数々が。
しかもお料理の説明に食材の由来や調理法のちょっとしたポイントなど素人にもわかるレベルで書かれていて、これを読んでいるとものすごく食べたくなるのです!
プレゼンテーションって大切だな、と思いました。

関連記事

トラックバックURL
http://maroonminako.blog81.fc2.com/tb.php/14-e19fab30
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top