FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.09

手荒れのこと その3

Category: ヘルスケア
数年にわたりあちこち病院をジプシーしたのち、近所の皮膚科専門クリニックへ足を運びました。

これまでどこでもちらっと掌を見ただけでろくに話も聞いてもらえず「あーはいはい」と自動的にステロイド処方という判で押したような診察だったのですが、こちらのクリニックは違ってちゃんと話を聞いてくれるのです!
そして「カンポウですね」とついに診断が!

カンポウ???と首をかしげるわたしに「汗泡」とメモに書き、どのような病気なのか説明してくださる先生。
もうこれだけでわたくし、大感動でございます。
これまでの数年間なにも診断がつかなかったので、この手荒れというか痒いのがいったいなんなのかわからず、急にアトピーになったのか?なんかのアレルギー?ひょっとしてなにかの奇病に?とモヤモヤしっぱなしだったんですから。

当時のわたしの理解のままに書きますと、汗泡とは、本来であれば皮膚の表面に出てくる汗がなぜか皮膚の内側にとどまって出てこず、その汗が炎症をおこしかゆくなる、手荒れは汗泡というより自分が掻きむしったせいである、と。なのでステロイドは手荒れのためではなく、もとの炎症を抑えるために使うのだ、という説明を受けました。

ここで、なんのためのステロイドなのか初めてわかったのです。これまでは手荒れをなおすためのステロイドだとばかり思っていました。だってなんの説明もなかったしねー。
痒いのは皮膚の下で汗をかくため、だったら汗をかかないようにすればいいわけなんですが、なんでそうなってしまうのかは原因不明なんだそうで予防もできず、結局はプツプツが出たら炎症を抑えるステロイドを塗るしか対処はできない。

ってことで結果的には数本ステロイド軟膏を処方されてこれまでと同じなんですが、なんのためにステロイドを塗るのか、自分の症状はいったいなんなのか、それがわかっただけで大きな違い。
今回は納得のいくステロイド処方でした。

ところが、当時のわたくしには自然療法にはまった人が陥りがちな盲目的自然療法礼賛 & 「西洋医学」不信のケがありまして、手荒れになるプロセスはこれでわかった、なんとかステロイド使わずに治してやる!という方向性でがんばり始めることに。

今までは手が荒れてボロボロになってから手荒れ対策としてアロマやハーブ、オイルケアをしていたけど、手荒れになる前の炎症の段階でケアをすればいいんじゃ?ということで試行錯誤しつつ取り組み始めることになったのです。
(つづく)

関連記事

トラックバックURL
http://maroonminako.blog81.fc2.com/tb.php/154-1a587164
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。