--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.31

はじめてのヘナ

Category: ビューティー
昨晩、初めてへナをしましたー!

寄る年波のせいでしょう、去年の後半ぐらいからちょこちょこ白髪が出てきたなと思っていました。
その頃からあたためていた計画なんです。あたたかくなったらヘナをしようと。

実はわたしはこれまで一度もカラーリングをしたことがないのです。
あ、正確には学生時代にSunInや A Touch of Sun(髪に塗布して日光にあたると自然に茶色くなるヘアミスト、要は脱色。アメリカでよく買ってたしソニプラとかでも売ってた)で茶色にしてたことはあります。
で、その頃自分は茶髪がおそろしく似合わないとはっきり自覚したのです。
ものっすごい下品に見える、それもギャルっぽいんじゃなくてヤンキーっぽい品のなさ。

学生の頃ならまぁそれも良いでしょう。
しかし根本的に似合わないので、社会人になってからはずーっと自毛。
皆が皆茶髪にしていた時代でも、頑に黒髪を守り通しました。
だって本当に似合わないんだもの。
その後パーソナルカラー診断でウインターのクールシャープ(冬クリ)と診断され、黒髪がベストとお墨付きも得ました。
自分の思ってきたことは間違いではなかったんです。

そんなこんなで自毛+石鹸洗髪を守り通した結果、これまでほとんど白髪知らずでやってきましたが、ここへきてやはり自然の摂理に従って白髪がちらほら出てきました…。
せっかくこれまでカラーリングをしないできたのだから白髪染めではなくヘナをしようと心に決め、やっとあたたかくなってきたのでとうとう決行です!

最初なので勝手を試す程度にヘナは40gほどにし、根元を中心に塗っていきました。
肩に色の濃いタオルをかけ顔まわりはアロマバルサムを塗ってガード、耳にはイヤーキャップ、手袋をしてむんずとへナをつかみ、少しずつ束にとった髪の毛に塗りたくっていきます。
塗ったらくるくる丸め、次の束を塗ったら最初の束に巻き付けていく、この繰り返しで意外とあっさり塗り終わってしまいました。

へナは臭いと言われますが、わたしはむしろ好きな香り。干し草や藁のようで、頭周りにこの香りが漂うと、まるで藁に包まれて眠るハイジになった気分です。
塗り終わったら色の濃いタオルで頭全体を包み、シャワーキャップをしてそのまま普通に過ごします。
今回はインディゴ入りヘナだったので1時間ほど置いた後洗い流し、クエン酸リンスをして終了です。

髪の毛を乾かしたら、香りが変化していました。
茶葉+畳のような、ペーストの時よりも緑くささが立ってます。
ヘナ体験記ブログをいろいろ見てみると、皆さん「お茶+畳」って表現しててそこは一緒なんですが、なぜかこれをクサイ、イヤなニオイだとおっしゃる方が多い。
うーん、これってイヤなニオイかなぁ?わたしは好きな部類の香りなんですが。

髪に対してへナの量が少ないので染まり具合はもともと期待していませんでしたが、ひとまず表面に出てる部分はなんとなく染まったようだし、全体の流れや勝手がわかったので今回の目的は達成です。
まだ全体をやるほど白髪の量がないので、気になるようになったらまた根元だけやってもいいし、これでいつでも思ったときにできると思ったら気が楽になりました!


関連記事

トラックバックURL
http://maroonminako.blog81.fc2.com/tb.php/174-2eddaca0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。